→PCの方はこちらから


→モバイルの方はこちらから

当サイト独自の投資競馬理論
【PS指数】について


《能力値別理論数値》
主にその馬の特性を元に算出される数値になります。血統、時計、実績など様々な観点から今までの出走実績に亘り徹底的にその馬を数値化。PS指数の基礎となる重要な役割を占めます

《3Dシュミレータ検証》
当サイト独自開発のシュミレータソフトによるテストレースを行う事で、
よりリアルな情報を得る事が可能となりました。例えば既に引退している強豪馬と今も現役の強豪馬を同じレースに出走させる事も可能であり、それによって得られる情報価値は計り知れません。
更には天候の良し悪し、連続開催による馬場の具合なども設定可能なシステムであり、良馬場でしか走らない馬が重馬場でどのような走りをするのかなどもリアルに検証する事が可能となりました


《血統数値》
この数値は単純にその馬の血統を始祖まで遡って数値化しております。サラブレッドの全ては『ダーレーアラビアン』『バイアリーターク』『ゴドルフィンアラビアン』という三大始祖から代々受け継がれ、現在に至ります。
これら血統の流れを把握する事で血統による優劣、近親交配の法則など数値化する事で様々な情報を得る事が出来ます。
主にこの血統数値が重要な役割を占める部分として、過去データが無い新馬戦見せるその威力は絶大です。


《生態学ポイント理論》

これはその馬のフォームや筋肉量、歩行の様子などの実際の動きをデータ化する事で導き出される理論です。有名スポーツ選手が歩行姿勢を正しただけで飛躍的に成績が向上するなどと言った事はよく聞く話です。
馬にも同じ事が言え、歩行姿勢が綺麗な馬もいれば姿勢が悪い馬も居ます。また筋肉量は豊富でパワーはあっても、フォームの乱れによってそのパワーが上手く地面に伝わらない為、遅い馬など様々です。

”この馬は阪神では走るけど東京では走らない”など言った事は聞いた事があるかと存じます。
その原因はその馬が持つ独自の生体学的な特性に起因するものが大きく関わっており、そのような原因を予め理論化する事で極限まで情報精度を高める事に成功しました。

《投資対効果理論》

最後にこれは最も重要な要因であり、
投資競馬を提唱する上で欠かせない理論となります。
簡単に言えば、18頭出走するレースの18頭全てに賭ければ必ずどれかは的中します。
また、最も配当率の高い『3連単』という買い方がありますが、
18頭出走するレースの全通りを買えば必ず的中させる事は可能です。
ですが18頭出走のレース全ての3連単に投票する場合、『4896通り』もの買い目になってしまいます。
1点100点で投票しても『489,600円』の投資。果たしてそれ利益を得られるレースは何レースあるでしょうか。
それでは全くの無意味です。投資競馬を成立させる上で重要な事は『いかに無駄を省けるか』によります。
徹底的に無駄な投資を省く事で、より回収率の高い結果を得られるのです。
このように投資に対する効果を算出する事で、そのレースに対しての投資価値が見出せるのです。

→PCの方はこちらから


→モバイルの方はこちらから

COPYRIGHT @ 2010 PRESTIGE ALLRIGHT RESERVED